MURAMASAのHDD交換その3

「その3」としましたが、あれからなにか状況が変わった、というわけではありません。naruharuさんから「コメント」に書きこみをしていただいて、それに対して症状をやや詳しく書いたところ、「コメントは500字以内で」とbiglobeさんにいわれてしまったので、記事化したものです。

 naruharuさん、どうもこんばんは、はじめまして。
 本当に症状が一緒ですね。
 やや詳しく書きますと、
<MK1503GAL(はじめから搭載されていたHDD)の場合>
 これはもういろいろな症状が出たのですが、なんやかんやトラブっているうちに崩れていって、それでそういう状態になったとおもうんです。何度かフォーマットやリカバリをやって、最終的にはOSが立ち上がらない症状に一本化。昔は終了時にブルー画面になって終わらない、ということにもなったのですが、それはなくなりました。いいかえると、立ち上がりさえすれば、ちゃんと動くといった感じになりました。しかし、10回に1度ぐらいしか立ち上がらない。
<MK4007GALの場合>
 これは起動率は全然いいです。起動失敗はほとんどない、という印象です。ただ立ち上がったあとに例の「カシュン、カシュン」を起こしてフリーズ、ということがけっこうあります。ずーっと安定しているかとおもうと、一発はじまるともう連続してしまったりと、落ち時がわかりません。
 僕の場合、換装し、リカバリをして初期出荷状態にもどして数回起動をしてみて、起動失敗がなかったので「直った」と判断し、SP2をはじめwindowsのアップデートをし(無事できました)、ウイルスソフトを入れたりしてまともに使えるようにしたあとで「カシュン」ときました。これは先に記したようにOSが立ち上がって、ネットを閲覧しているときだったとおもいます。
 その後、HDDを差しなおしてみたのですが、結局「カシュン」がでるようになり、これはHDDではなくて機体のどこかに原因があるのだろう、と素人ながら判断しました。
 それで、ダメであればMK4007GALを外付けHDD化するしかない。つぶしてしまうのであれば異常になってもいいや、と考えて、DOS窓でconvertコマンドをつかってFAT32からNTFSに変換してみました。これは、これで「何とかなる」よりも、ほかにやることが思いつかなかったので、関係ないだろうけれどもダメもとで、という素人のあがきです。
 しかしそれでもおなじような状況になったので、取り外すことにしました。でも、結局中身はつぶしませんでした。その後、メインでつかっているThinkPadのHDD換装を楽しみでやりまして、ムラマサのほうは放置していました。
 今回、書きこみをしていただき、一ヶ月ぶりにバラしてみました。HDDのケーブルの裏をみると、ほんのちょっとゴミがあったのでそれをとり、HDDの入る区画を拭いてMK4007GALを久しぶりにいれてみました。それで今日はwindowsとウイルスソフトのアップデートをして合計2時間弱つかってみたのですが、異常はありませんでした。しばらくつかって様子をみることにしてみます。
 クレードルは使っていないので、僕のほうの症状はちょっとわかりません。
 あとconvertしちゃうと、外付けHDDにしたときに他のPCから認識されませんでした。僕はムラマサを単独でつかっているので弊害はないのですが、クレードルで外付けHDDとしてもつかうのであればやらないほうがいいかもしれません。
 なんとなくご指摘のように電源まわりという感じがしますね。

2007年4月18日水曜日午後11時58分

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック