テーマ:歴史

都内最古の石橋

 現存する都内最古の石橋はこれ、浅草寺の影向堂(ようごうどう)のまえにある石橋です。説明板によると、1618年、東照宮を造営したときに参詣のための神橋としてつくられた、寄進者は家康の娘・振姫(ふりひめ)の婿、和歌山藩主浅野長晟(ながあきら)、だそうです。 撮影日:2009年4月27日月曜日 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取・雛のつるし飾り(1)-雛の館「なぶらとと」

 2月16日に稲取温泉へ雛のつるし飾りを観に行ってきました。「雛のつるし飾り」というのは、メインの雛人形の周りにいろいろな願いを込めて和裁細工を縦に連ねて吊る飾りです。今回は「雛の館 なぶらとと」のものです。 おまけ。館の入り口にかけてあった古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野東照宮

 7月29日に親友のS君と上野散策をしました。本当は上野に集合して、そのあと歩きまわるつもりだったのですが、すごい勢いの雷雨。写真に撮りたかった上野大仏とおばけ灯籠に行ったあと、上野東照宮へ。拝観料200円。あらかじめ「写真はだめですか」ときくと「中はだめです、外はいいですけれども」と。お金を払って中に入り、塀沿いにぐるりと回り込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野大仏

 上野にも大仏がありました。いまもあるのですが、顔面だけが残っていて、レリーフになってしまっています。関東大震災で壊れたあと放置され、戦争で金属の供出となり、ここしか残らなかったそうです。すごくかわいそうな経緯。実物をみると、かなり大きく、非常に存在感があります。顔だけの存在はなんとなくサイバーな感じがします。  横にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野・お化け灯籠

 上野公園にあります「お化け灯籠」です。とても大きいです。高さは6メートルあります。実際にみると大変重量感があります。灯籠ってただ乗っかっているだけなんだよね、よく倒れないよね、と一緒に見に行った友達と。名前の「お化け」は、おどろおどろしい方面ではなくて、「でかい」ということから。 撮影日:2007年7月29日日曜日 雨降り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧新橋停車場

 浜離宮前踏切を撮ったあと、旧新橋停車場にも行ってみました。汐留シティセンターと松下電工東京本社の超高層ビルに囲まれています。説明書きによりますと「駅舎の外観を、当時と同じ位置に、できるだけ忠実に再現したもの」だそうです。建物内部は、一部が鉄道歴史展示室、あとはビアホールになっています。鉄道歴史展示室は改装中でしたので、今回は中に入…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浜離宮前踏切

 以前中銀カプセルタワービルを撮りにいったときにみつけた踏切跡を、今回撮影しました。場所は銀座郵便局のすぐ脇の歩道です。国鉄汐留駅と築地市場とをむすぶ貨物線の踏切でした(1931~1987)。「銀座に残された唯一の鉄道踏切信号機」という表示もあります。 撮影:2007年7月15日日曜日 2007年7月16日月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東大・赤門

 東大の赤門です。三四郎池を見たあと、せっかくきたのだからと寄ってみました。僕が写真を撮っていると、ほかにも撮っていく人が幾人かいました。この赤は映えますね。建てられてから今年で180年。 撮影日:2007年7月8日日曜日 2007年7月11日水曜日午後21時26分
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大・三四郎池

 旧ソフィテル東京がどこまで解体されたのかを見に行ったあと、これからどうしようかな、と考えて、東大の三四郎池に行ってみることにしました。旧ソフィテル東京のすぐ裏に東大付属病院の入り口があって、そこから入って病院を突っ切り、理学部の建物脇から池へ。  僕がいったときには、池のほとりで一家族がのんびり過ごしていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増上寺

 先週の日曜日(7/1)に行った増上寺です。あのときは麻布十番の鯛焼き屋さん・浪花屋総本店に行ったのですが、三時過ぎに到着したところ店員さんに「五時頃になってしまうのですが」といわれ、断念。そのあとどうしようかなあと考え、浜離宮まで散歩しようと思いついて 歩きはじめたものの急に東京タワーを間近に見たくなり赤羽橋で進路変更し北上。東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛込見附跡

 牛込見附跡です。JR飯田橋駅西口付近にあります。はじめて行ったのは6日でした。そのときはちょうどこのあたりに用事があったので、そのついでに行ったのでした。夕方で人通りが多くて写真が撮れず、やはりこういう撮影は早朝にかぎるなあ、と思いました。上の写真はビルから見下ろしたら見附(城門)の様子が把握できたので、撮ったものです。ここは左右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷見附跡

 JR四谷駅前にあります四谷見附(城門)跡です。6月3日撮影。  外濠公園にあがって石垣のほうをみたところです。このように垣根があって中には入れないようになっています。道はあるようですが。  横断歩道を渡って駅側からみたところです。 2007年6月4日月曜日午後7時11分 気温25度 はれ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市ヶ谷見附橋台の石垣

   市ヶ谷見附(御門)の橋台の石垣です。外濠公園の入り口にあります。見附自体は残っていないようです。  池袋・新文芸坐のオールナイトを観たあと有楽町線で市ヶ谷へ。どこにあるのだろうと思ったら、地上へでてすぐにみつけることができ、やや拍子抜け。  撮影:2007年6月3日 2007年6月4日月曜日午前6時13分 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日比谷見附跡

 今朝銀座の「MIKIMOTO Ginza 2」の写真を撮ったあと、日比谷公園にあります「日比谷見附跡」に行きました(見附というのは江戸城の城門のことです)。心字池脇の一直線の石垣がそれです。  石垣の上は遊歩道になっています。  心字池のほうからみたところです。  これを撮ったあとは、どこかへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤坂見附跡

 赤坂見附跡です。「見附」というのは江戸城の城門のことです。永田町駅出口9a付近にあります。ほとんど残っていないので当時を想像するのは難しいのですが、現地にあるプレートには当時と現在の比較図と明治初期の写真があり、わかりやすく解説してあります。 歩道橋から撮ったところ。 内側から撮ったところ。 2007年5月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢・長町武家屋敷跡

 昨日に続き、今年の冬に北陸へ行ったときの写真です。金沢の長町(ながまち)武家屋敷跡です。僕には、ちょっときれいに整いすぎている、という感じもしますが、このあたりが女性に人気の理由なのかな。 2007年5月15日火曜日午後11時6分 12度 はれ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福井城

 今年の冬に北陸へ行ったときの写真です(だいぶ遅れましたが)。  はじめてみたとき(10年以上前)「え、県庁って城?」と驚きました。右側の建物が福井県庁で、左側のちょっと背の低いのが福井県警です。インパクトありますよね。  橋を渡って内側から大手門跡をみたところです。ここのところは木道があって、それで石垣の上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代道跡をポタリング

 古代には幅10メートルをこえる幅広で直線的な道路が全国を張り巡らされていたそうで、今日でもその痕跡は残っているようです。『日本の古代道路を探す 律令国家のアウトバーン』(中村太一/平凡社新書045)に狭山と所沢の市境にそういう場所があると記載されていたので、自転車でゆるゆると走ってみました。  同書の70ページから書かれているところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more